スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

お盆

円生墓
5代目(左)と6代目(中央)円生墓

9月3日が6代目三遊亭円生の命日です。

今年祈ったことは『誰が意志を受け継ぐ者か、誰が義に則り行動を興す者か。それを明らかにしてもらいたい』ということです。

しばしば自分を取り巻く環境に、気分が深く堕ちることがあります。しかし、それでも握(つか)みに行かなくてはいけないと、気分を巻き返し続けています。

落語という文化が日本人を幸せと、覚醒に導くものと祈っています。



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

盆あけ

師匠が周りの環境に「深く堕ちる」と言うことは?!私達ファンの盛り上げ(直接間接を問わず)が足りず、応援が感じられないと言うこと…かしら…。

時期は地の利、天の利、人の利と言うように 今お考えに添わない(ようにみえる)事象であっても、見方によって違う場合もあります。
また、月日が経つと変わる場合もあります。(逆から言えば永久永遠の安泰もない)

師匠の蒔いている目標の種が確実に発芽して いるように思うのですが。

アゲアゲモードでガンガン いきましょう太

いよいよ来年から開眼?

気学(高島暦)によると様

そうなんですよ。ある人曰く「貴方は五十過ぎから運勢が開けます」。

来年の心がけ次第で、いよいよ長年の待望が叶うようになるかもしれません。

来年のお誕生日会は大きなケーキでも買って盛大にやりますか。

これからもどうぞよろしく!

細石さま

度々コメントをいただきまして、ありがとうございます。

「やねせん亭」が賑わうことで、それを継続することで落語界の、日本の文化の、新しい方向性に人が目覚めるはずです。

私たちが持ち上げようとするものはとてつもなく大きく重たいものです。それゆえに眩暈を度々覚えざるを得ません。

自分の意思を明確にして、その心に素直に従い行動する。そして大事なことは、記しましたように継続することです。

頑張れ、円左衛門!

長月

励ましのお言葉ありがとうございます。

どうぞ「やねせん亭」への厚いご支援をよろしくお願い申し上げます。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

三遊亭円左衛門

Author:三遊亭円左衛門
「任せておきなさい」

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。