スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

思い当たる節-2

「思い当たる節」を別の解釈で使ってますが。

三遊亭円生
6代目三遊亭円生

久し振りで自分のホームページ円左衛門の精電気を読み返しておりましたら・・・

「礎石」師円楽の引退に思う の中に『円生は戦後満州から引き揚げてきて、47歳の時に開眼をした・・・』というくだりを見つけました。(あまりに長いんで、自分で何書いたかほとんど忘れている)

こ、これは!自分が「やねせん亭」を立ち上げた年齢と、見事に符合するではありませんか。また思い当たってしまいました。見事にぶつかってしまいました。

論語に「四十にして迷わず」という有名な言葉があります。しかし、芸人は四十七にして迷わず!
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

這えば立て・・・

やねせん亭が好調の様子で、なによりです。

根津の蕎麦屋さんの心太・・・も江戸の夏らしいね
随分以前ですが、千駄木に住んでいましたので、あの辺りの
懐かしさが、こみ上げてきました・・・風鈴はビードロで、
その後朝顔、ホウズキ、打ち水、よしず・・・
八幡様のお祭りで買うのは袋入りの“塩豆”でしょう・・・

『這えば立て、立てば歩めよ円左衛門!』

落語の町 谷根千

ご投稿ありがとうございました。

千駄木にお住まいだったとは、今私は谷中です。隣り町ですねぇ。

谷根千は現在ブームに乗りまくってます。でも、どんな街?と聞かれて「メンチコロッケと墓石」ときた日にゃ、ちと淋しい。

やはり素敵な伝統文化「落語の街」と答えられるようにしなくては。いずれは、ここが秋葉原のようになればと思います。ここにも寄席、あそこにも寄席、まだまだそっちも寄席・・・

家電から日本人のみが蓄積してきたスキル、カルチャーへ。世界中の若人が「ベランメェ」を喋る日を夢見て。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

三遊亭円左衛門

Author:三遊亭円左衛門
「任せておきなさい」

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。