スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

道案内

chochin004.jpg

明日は初めての会場、谷中の大行寺です。千代田線根津駅から会場まで、この提灯がご案内をいたします。どうぞこれを頼りにお越しください。

公式サイト 円左衛門の日本百軒
スポンサーサイト
line

明日 やねせん亭

16th-1.jpg

第16回「やねせん亭」 寺落語特集
午後4時開演 午後3時30分開場
大行寺(だいぎょうじ) 台東区谷中6-1-13
前売り2,000円 当日2,500円
三遊亭円左衛門「蒟蒻問答」
三遊亭好太郎「転失気」
三遊亭きつつき「堀の内」
春雨や風子「寿限無」

お申し込み 03-5685-5353

終演後、近くのカヤバ珈琲にて出演者とお客様を交えた懇親会がございます。どうぞお気軽にご参加ください。

ご来場をお待ちいたしております。


大きな地図で見る 
line

地酒を楽しむ会

nodaya002.jpg
羽前白梅の蔵元、羽根田酒造さんが山形からわざわざお越しに。創業年が文禄元年(1592年)というから、秀吉の朝鮮征伐の時代・・・すごい。

nodaya007.jpg
純米大吟醸、純米吟醸、純米酒、吟醸酒・・・あれこれ並びました。飲み方も常温あり、お燗あり様々で。

nodaya006.jpg
これはごらんのようにお酒ではありません。この水を飲みながらですと、翌朝もひどい残り方をせずにすむような。チェイサー付きの日本酒とは、粋な計らい。

次回、参加希望の方はこちらをご覧ください。
のだや
文京区千駄木3‐45‐8
TEL 03―3821―2664  
FAX 03―3823―2664
営業時間 10時~22時
水曜定休

line

船橋サンケイリビング新聞―インタビュー

sankei-11-1.jpg
ここのところ立て続けにお世話になってます。サンケイリビング。

sankei-11-2.jpg
インタビューて自分にとっても凄く役に立つんですよねぇ。自分自身のルーツはどこにあるか、再発見するみたいなとこがあって。

そう。円左衛門の活動の軸は落語という文化をもっと多くの日本人が身近で楽しむ環境を作る。寄席は芸人のみならず、自分たちの大切な財産を未来につなげようという、意思を持ったお客様をも育てます。

マスコミから流れてくる情報を鵜呑みにするのでなく、自分の目で、耳で確かめようという好奇心を、事実を大事にする人を。寄席からのメッセージとして発信し続けなくては。

「夏の特別高座」の方も、なかなかの勢い。まだ若干席にゆとりがあるそうですから、お申し込みはお早めに!

公式サイト 円左衛門の日本百軒
line

第5期 落語クラス 3

class11--7-19003.jpg
志かく。「おかみさん、今日は帰らせてくださいよぉ」

class11--7-19001.jpg
まるみ。「風呂敷でそいつの頭をこうやって、見えなくしちゃったんだ」

class11--7-19 007
眼之介。「太鼓がテンテンスクテン、テンスクテン、テレツク、テレツク・・・」

class11--7-19006.jpg
今日のおやつは大評判のカスタードプリンとバナナケーキ。

class11--7-19005.jpg
クリームのように、トロ~リとろけて。絶品!

第5期落語クラス 卒業公演
9月9日(金)10日(土) 昼夜で計4回の公演。
千駄木344スタジオ
文京区千駄木3-44-9 パレ・ドール千駄木ⅡB105
入場料¥1,000円
出演 賽子亭眼之介、谷中亭ひまわり、谷中亭まるみ、谷中亭志かく、谷中亭みじん子、谷中亭あん子
   三遊亭円左衛門(10日のみ)

公式サイト 円左衛門の日本百軒
line

寄席向け料金パック 戸野廣浩司記念劇場

i.jpg

この価格をご覧ください!

谷中という下町らしい劇場の、下町らしい思いやり。

椅子席だからお客様のひざや腰がくたびれない。音響、証明、空調が整っているし。演者もお客様も集中力の良さは抜群。

どうぞ一度お試しください。

公式サイト 円左衛門の日本百軒
line

リビング夏の特別子供講座

sankei-2.jpg

「ふなっ子寄席」をきっかけに、ご支援をいただくようになりました船橋サンケイリビング新聞。地元中心の様々な情報が満載。

おおっと見つけました!ニューロン麻雀スクール船橋校ジョイ。ドリンクバー付き、6時間で2,000円。映画よりう~んと安いお楽しみ。



sankei-3.jpg

それより。夏の特別高座。

私の落語2席+紙切りでお一人様1500円。途中で扇子や手拭を使った落語の体験コーナーまでと盛りだくさん。

8月11日(木)
14時開演
船橋市茶華道センター(船橋スクエア21ビル5階)
1,500円
三遊亭円左衛門「時そば」「皿屋敷」、林家楽一、三遊亭好吉
お申し込み 043-245-3589
ネット 検索「リビング千葉Web」

お盆にどっこも行かない方。どうぞこちらまでお越しを。

公式サイト 円左衛門の日本百軒

line

第5期 落語クラス 2

class11-07-12002.jpg
谷中亭まるみ。「兄さん大変なんですよ!」

class11-07-12003.jpg
谷中亭志かく。「そっちから逃げちゃいけないよ。こっちだよ!」

class11-07-12005.jpg
賽子亭眼之介。「エ~~~!ヤァ~~~!」

class11-07-12006.jpg
今日のおやつ。なんて名前で呼べばいいでしょうね?ブルーベリーとバナナを使った、冷たい夏向けデザート。
line

Now Printing

16th-pam-1.jpg
第16回「やねせん亭」のパンフレットただ今準備中です。


16th-pam-2.jpg
今回は特別に ―ご挨拶― をここにご紹介いたします。

最近の「谷根千」ブームは周知の通り。週末、大勢の人が散策に訪れます。なかでも谷中といえば寺町。町内に70軒以上もあるとか。そんな静かな佇まいの町に、この雑踏は似合わないんじゃない?と言う方。果たしてそうでしょうか。
江戸時代の寺社というのは今と違い、人の賑わいを創造したエンタメ(エンターテーメント)広場だったんです。境内や門前に飲食店、見世物小屋、芝居小屋、そして寄席が数多く営業してました。屋根の無い所では大道芸が。
お寺さん自体も、ご開帳の興行や、富くじなどして大変積極的に人集めをしていたのです。なぜでしょう?人が大く集まれば寺社との縁が深くなる、参拝客が増える、お賽銭が増える。つまりは懐を潤し、自らの経営と継続の助けとなるために前向きな活動をしていたというわけです。
今のこの賑わいはマスコミ主導ですが、大行寺さんのようなお寺さんが増えてゆけば、次世代の谷中はエンタメ街として広く知られるようになるのではないでしょうか。      円左衛門

16回やねせん亭
7月24日(日)
16時開演 15時30分開場
大行寺
台東区谷中6-1-13
交通:地下鉄千代田線 根津駅1番出口 徒歩8分
前売り¥2,000円 当日¥2,500円
小・中・高生¥1,000円
お問い合わせ・お申し込み
enza.yanesentei@gmail.com
出演:三遊亭円左衛門「蒟蒻問答」
    三遊亭好太郎「転失気」
    三遊亭きつつき「堀の内」
    春雨や風子「寿限無」
主催:やねせん亭実行委員会
後援:谷中コミュニティ委員会

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

公式サイト 円左衛門の日本百軒
line

第5期 落語クラス

rakugoclass11-7008.jpg
谷中亭ひまわり。この扇子を持つ手つきは?

rakugoclass11-7003.jpg
谷中亭志かく。この色っぽい目つきは?

rakugoclass11-7004.jpg
賽子亭眼之介。この落ち着きのないアクションは?

いったい彼らは何のネタを稽古しているのか?それはおいおい明かされてゆくであろう・・・

rakugoclass11-7007.jpg
谷中亭水饅頭。「荻埜」

公式サイト 円左衛門の日本百軒
line

7月戸野劇寄席

11-07.jpg

7月16日(土) 13時開演 12時30分開場
戸野廣浩司記念劇場
前売り¥2000円 当日¥2500円

春雨や風子
林家たけ平
宝井琴柑
立川談修
宮田陽・昇
古今亭菊生
―仲入り―
柳亭小痴楽
春風亭美由紀
三遊亭円左衛門

今回のラインナップは凄い!
戸野劇寄席始まって以来だし、どこの寄席に行ったってお目にかかれませんよ、こんな出演者は。

芸人の屋号が全部違うんだもん。



ありえない・・・

公式サイト 円左衛門の日本百軒


大きな地図で見る

line

「死神」再上映

8017.jpg

「死神」が第1回日本学生映画祭で再上映されることになりました。

7月9日(土)24時~
新宿バルト9

「死神」
東京学生映画祭、準グランプリ受賞作品
監督:山口直哉 東京藝術大学デザイン科
主演:三遊亭円左衛門、三遊亭きつつき

銀幕で皆様とお目にかかります!
line

茅の輪くぐり

この時期、町内に 大祓 と書かれたポスターをあちこちで見かけます。なんて読むの?おおはらえ。

平たく言えば、茅の輪くぐりをして身の穢れを払いましょうという事で。

chinowa004.jpg
こちらは西日暮里の諏訪神社。夕暮れ時でちょっと暗い。

chinowa002.jpg
根津神社。犬と一緒になってくぐる人が多い。


今年は二つの輪をくぐったので、そうとう体が清められたはず。

大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事である。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という。6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼んでいる。なお、「夏越」は「名越」とも標記する。輪くぐり祭とも呼ばれる。(ウィキペディアより)



公式サイト 円左衛門の日本百軒

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

三遊亭円左衛門

Author:三遊亭円左衛門
「任せておきなさい」

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。