スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

思い当たる節-2

「思い当たる節」を別の解釈で使ってますが。

三遊亭円生
6代目三遊亭円生

久し振りで自分のホームページ円左衛門の精電気を読み返しておりましたら・・・

「礎石」師円楽の引退に思う の中に『円生は戦後満州から引き揚げてきて、47歳の時に開眼をした・・・』というくだりを見つけました。(あまりに長いんで、自分で何書いたかほとんど忘れている)

こ、これは!自分が「やねせん亭」を立ち上げた年齢と、見事に符合するではありませんか。また思い当たってしまいました。見事にぶつかってしまいました。

論語に「四十にして迷わず」という有名な言葉があります。しかし、芸人は四十七にして迷わず!
スポンサーサイト
line

心太

俳句でおなじみの題材、夏の季語「心太」。シンタじゃありませんよ、「ところてん」です。

心太

そうですねぇ( ̄~ ̄;)??今までこの年まで、1回は食べたような気がするけどぉ・・・確か、酢醤油で食べるんでした、よね?

なんで、わざわざそんなレアなものを取り上げたかというと。打ち合わせで根津小学校まで、ちょっとお邪魔した帰りでした。ふと目をやると、心太と染めた小さな旗が風に揺れてております。

足を向けてみると、そこには小さな蒟蒻屋さんがありました。ごめん下さい、と声をかけても誰も応答しません。心太が籠の中に並べられており、そのそばに持ち帰り用のレジ袋と、小銭の入ったざるが置いてあります。

まるで、田舎の小さな道沿いにある無人の八百屋さんみたい。さすが、このあたりは下町・・・というんで、二つ300円で買って帰りました。

ちなみに住所は、文京区根津1-15-17です。谷根千、迷い込めば、そこは下町の香り。

line

YNS反省会

反省会風景
反省会 日暮里 黄金の蔵にて

お陰様で第4回「やねせん亭」も多くのお客様のご来場をいただきました。わずかながらですが、とうとうお立ち見まで出る盛況。回を追うごとに少しずつですが、入場者数が増える手ごたえを感じております。

募集をかけております「YNS」。これはやねせん亭の支持母体と私は定めております。谷根千にお住まいのご夫婦、プラスさいたま、松戸のOLさん。ここには出てませんが日暮里のOLさんと、計5名の方が「YNS」に籍を置いて下さってます。

なんでか女性上位・・・

ohiribukuro002.jpg
恒例 大入り袋

これこれ。これを出演者、スタッフの皆さんに出すのがプロデューサーの最高の喜び。次回も絶対に配るぞぉ~!

で、最後の〆がこれ、
baketsu-puding
「初めまして。私がバケツプリンです」

黄金の蔵に入ったら是非・・・見てみてください。

ま、そんなわけで、皆で楽しく反省会風景でした。ご来場のお客様に、ご迷惑をおかけしないよう、スタッフ一同心のこもったサービスをご提供できればと思っております。

どうです?私たちと一緒に「やねせん亭」を支えてみませんか?そして、大入り袋をもらっていただけませんか?さらに、バケツプリンを試食してみませんか?

奮ってご応募ください。男の人、臆さずに扉を開けて中にお入りを!





line
line

FC2Ad

line
プロフィール

三遊亭円左衛門

Author:三遊亭円左衛門
「任せておきなさい」

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。